抗がん剤による抜け毛や育毛薬をニードル注入する方法

毛髪が薄くなる原因ははっきりしていませんが、様々なことが考えられるといわれています。最も一般的な原因として、老化現象があります。人の身体は高齢になると、細胞が衰えるようになりますので、毛を作り出す働きも弱まり、薄毛になるというものです。
老化現象以外では、ストレスや過労、栄養バランスやホルモンバランスの乱れなどが関係するとされています。これらが原因であると、若い世代でも発症する可能性が高まります。
はっきりしている原因としては、抗がん剤の副作用があります。抗がん剤はがん細胞を減らす作用がありますが、がん細胞だけでなく、普通の健康な細胞まで作用しますので、毛が抜け落ちてしまう例がよくあります。しかし、抗がん剤の治療を終えれば、徐々に細胞が蘇ってきますので、しばらくすると毛が生えてくるようになります。
原因がはっきりしない薄毛治療では、育毛薬が使われるケースが最も多くなっています。育毛薬は塗り薬と飲み薬があり、毎日使い続けると徐々に毛が生えてくるようになります。
より高い治療効果を得るために、ニードルを使って育毛薬を直接頭皮の内部に注入する方法も存在します。育毛薬だけでなく、ビタミン剤や毛の成長因子なども注入し、毛の根元に成分を働きかけて発毛を促進するやり方です。
従来はニードルを使う方法が主流でしたが、現在では痛みが少ないノーニードルによる注入法も登場しています。電圧やレーザーなどを使って頭皮に極小の穴を開け、成分を注入します。穴の大きさがとても小さく、綺麗に開けることができるため、頭皮への負担を少なくできるという点も、ノーニードルのメリットです。
ノーニードルの方法に合わせて、従来の育毛薬による治療も同時に行うと、効率的な治療が受けられます。